【目視録通信 Vol.95】熊本地震に被災された方にお見舞い申し上げます 一日も早い復興をお祈り申し上げます

2016年05月01日 目視録通信

 熊本地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げると共に、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。被災・被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。熊本地震が早くおさまり、熊本地震が「激甚災害」に指定されて、一日でも早い復興となりますようお祈りしております。

 構造塾を主宰しているM’s構造設計の佐藤実社長が熊本視察されたお話では、耐震設計の住宅は益城町でも倒壊を免れているとのことです。構造設計と耐震補強工事の施工記録について、勉強会を開催していく計画です。四号建築物は確認申請時に構造計算結果の提出義務がありませんが、仕様規定による安全性検討は必ずおこなわなければなりません。また、リフォームにおいても昭和56年以降の物件であっても金物仕様規定が無かった平成12年までの物件では、耐震性が充分でないものもあります。

 さて、電力小売り全面自由化が4月からスタートしました。来年(2017年)4月には、都市ガス小売りも全面自由化されます。このエネルギー自由化が住宅・リフォーム産業にどのような影響を与えるか勉強会をおこなうことになりました。当社会議室でおこないます。若干の空きがございますので、ご興味のある方はお申込みください。

 

代表取締役 内山 岳彦

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 JERCO 一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 たいせつな家を守る いえかるて 住宅履歴情報 国土交通省