【目視録通信 Vol.106】長期優良住宅化リフォーム推進事業の活用セミナー

2017年04月01日 目視録通信

 3月上旬に平成28年度長期優良住宅化リフォーム推進事業シンポジウムが東京と大阪で開催されました。長期優良住宅化リフォーム推進事業は、住宅ストックでリフォーム等による性能向上を推進するために平成25年補正予算から38,864戸が採択されてきました。そのうち認定長期優良住宅型は1,684戸と全体の4%程と少ない状況です。通年申請により申請しやすくなりましたが、評価基準型であっても長期優良住宅化リフォーム推進事業に取り組めていない事業者がまだまだ多いのが実情ではないでしょうか。

 リフォーム団体の日本住宅リフォーム産業協会(通称JERCO)では性能向上リフォーム講習会を定期的におこなっています。来たる4月14日に国土交通省の住宅政策および長期優良住宅化リフォーム推進事業の活用事例、既存住宅状況調査技術者講習会の展開について講習会がおこなわれます。本講習会のご案内を同封させていただきますが、非会員の方も無料で参加できます。ご関心のある方は是非この機会に聴いてみてください。

代表取締役 内山 岳彦

 

保存

保存

保存

保存

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 JERCO 一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 たいせつな家を守る いえかるて 住宅履歴情報 国土交通省