【目視録通信 Vol.110】性能向上リフォーム講習会『遮熱対策と通風活用』

2017年08月01日 目視録通信

 一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会(JERCO)性能向上委員会では性能向上リフォーム講習会を定期的に開催しています。7月13日に第10回性能向上リフォーム講習会を開催、この時のテーマは暑い夏場対策として『遮熱対策と通風活用』鹿児島大学工学部建築学科の二宮教授にも講演してもらいました。熱中症で亡くなる方は地球温暖化による真夏日や熱帯夜の影響を受けて1994年から年々増加しています。このうち約4割が住宅内で亡くなっており、流入する熱量の74%が開口部(窓)からとなっています。しかし、熱中症は予防対策することで防ぐことが可能、遮熱対策や通風活用することが有効です。自然の風を利用するには風の入口、通り道、出口と正圧、負圧を考える必要があります。また、各地域の風を読むことが重要になってきます。自立循環住宅ホームページでは各地域の自然風をどのように利用できるか気象データが公開されていますので活用してみてください。次回の第11回性能向上リフォーム講習会は10月26日に予定、内容が確定しましたらご案内させていただきます。  

代表取締役 内山 岳彦

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 JERCO 一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 たいせつな家を守る いえかるて 住宅履歴情報 国土交通省