【目視録通信 Vol.148】新築着工棟数が減っている工務店様の経営改革!

2020年10月01日 目視録通信

リノベーション事業モデル支援『リノベ実践塾』!

 

コロナによって一部分譲住宅の販売が好調という情報もありますが…

新築戸建て注文住宅の着工数は全国的に減少傾向にあります。このような地場工務店様の経営改革支援をおこなう中で、リノベーション事業を立ち上げるモデル事業『リノベ実践塾』を始めました。

このリノベーション事業は、既存住宅を大規模リフォームでリノベーション(性能向上リフォーム)をおこなうことによって、資産価値評価できる住宅に再生する事業となります。

新築住宅事業とリノベーション事業は、既存住宅と既存生活者の有無によりビジネスのやり方が大きく異なります。世帯人数は1人世帯や2人世帯が年々上昇していますが、世帯構成は高齢化により大きく変化してきています。80歳代と50歳代の親子が同居する8050問題など多様なライフスタイルに対応することが求められ、カウンセリングできる商談力が求められます。ご興味のある方は無料の下記説明会にご参加ください。

 

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 JERCO 一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 たいせつな家を守る いえかるて 住宅履歴情報 国土交通省