【目視録通信 Vol.138】既存住宅リフォームの現場で長期荷重を診断

2019年12月01日 目視録通信

構造計画の基礎『壁・柱直下率診断講座』を開催!

 

フローリング床材メーカーの朝日ウッドテック株式会社(海堀哲也社長)が主宰する実践コミュニティclub RAPPORT『実践リフォーム塾』において、性能向上リフォーム勉強会をおこなっています。11月22日(金)にも村上木構造デザイン室の村上淳史様を招いて『壁・柱直下率診断講座』をおこないました。熊本地震でも直下率の悪い物件が倒壊していますが、直下率診断の一番良いところはリフォーム現場で直ぐにおこなうことが出来る点です。図面と直下率の状況を把握して、床のたわみや不陸、既存住宅の劣化度合いを観察することにより、細部の現地調査をおこなえます。また、施主の目の前で直下率診断をおこない、診断結果を伝えることが出来れば、説明に説得力が増すこと間違いなしです!

現地調査後に耐震診断や性能向上リフォームのプランニング提案を円滑に進めることができる有効なツールです。ご興味ある方は個別にご紹介しますので…ぜひご連絡ください。

 

 

 

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 JERCO 一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 たいせつな家を守る いえかるて 住宅履歴情報 国土交通省