【目視録通信 Vol.123】性能向上リフォームのための現地調査とは…

2018年09月03日 目視録通信

性能向上リフォームのための現地調査とは…

『基準に準じて写真を撮ってお客様にお渡しする』

 

 第14回性能向上リフォーム講習会を8月3日(金)に開催しました。第1部は日本住宅保証検査機構(JIO)住宅瑕疵研究室の田村公彦様から『事故物件の検証からの気付き』というテーマで事故現場の検証および防水施工マニュアルに取り纏めた内容を説明していただきました。第3部は(一社)住まいの屋根換気・壁通気研究会の神戸睦史様から国総研での実証実験の結果およびその対応策についてお話ししていただきました。第2部のLIXIL鷹取和義様およびアーキヤマデの西田登志雄様からはメーカの立場から有益な情報を提供していただきました。そして第5部では、i-sumu設計の荻野智則様から『性能向上リフォームのための現地調査(インスペクション)』というテーマでお話ししていただきました。現地調査をしっかりおこない住宅性能を向上させることが売上増に繋がること現地調査とは基準に準じて写真を撮ってお客様にお渡しするであること。まさしく、お医者様が患者と向き合い治療していくのと全く同じで、インフォームド・コンセントが重要であると熱く語っていただきました。①現状⇒②マイナス⇒③対策⇒④効果のステップで現地調査結果を有効活用していくことが大切であると実感させていただきました。

 

代表取締役 内山 岳彦

 

 

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 JERCO 一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 たいせつな家を守る いえかるて 住宅履歴情報 国土交通省