目視録を体感
7日間無料体験

お申込み・お問い合わせなどはこちらから

お申込みページへ
 約5分でわかる目視録 

約5分でわかる目視録動画をYOU TUBEで配信中

 目視録は国交省認定システム 

目視録は国土交通省が認定した住宅履歴情報システムです。

目視録の機能・セキュリティレベルが国土交通省に評価され、2010年に 「住宅履歴情報登録機関」、2011年に「住宅履歴情報サービス機関」に正式に認定されました。

 目視録と連携 

住歴録は既存住宅流通リフォーム事業、長期優良住宅等の補助金事業に対応し最長30年間のデータ保存が可能です。

住歴録に関する情報はこちら

住歴録ウェブサイトへ
 関連ウェブサイトリンク 

目視録の
特長・導入効果

目視録は現場に関わる全ての情報を記録・共有し、活用することで業務を改善させるシステムです。

目視録の特長

【共通の施工管理】

現場からタイムリーに直接施工を報告します。

※ 目視録アプリ操作

携帯電話、スマートフォン、タブレットを活用し現場から施工チェックポイント(共通のルール)に従い、写真が送られ、整理でき現場から戻ってからの作業を軽減できます。


【正確な施工記録を】

設計図書と関連付けて施工記録を残します。

※ 目視録確認画面

写真を撮影する位置と方向を図面と関連付けて指定できるので、現場の相関関係を臨場感を持って伝達し、施工履歴を残すことができます。


【業務改善や効率化に】

写真付き報告書を簡単に作成できます。

※ 報告書作成画面※ 報告書サンプル

※ 報告書サンプル

写真を選択するだけで簡単に報告書作成ができ、従来のような貼付け作業がなくなり作業を軽減させ業務改善に効果を発揮します。


【施工履歴の共有に】

工事進捗を確認しながら施工履歴を共有できます。

※ 工事進捗確認画面※ 写真一覧画面

写真を選択するだけで簡単に報告書作成ができ、従来のような貼付け作業がなくなり作業を軽減させ業務改善に効果を発揮します。


【最適なシステムを提供】

多くのカスタマイズ導入実績が信頼の証です。

当社はお客様から様々なご要望に対応してカスタマイズを行い、最適なシステムを提供しています。

カスタマイズ事例 1

お客様の既存基幹システムから物件情報や工程情報を引き継ぎ、目視録の現場情報と連携。

※ 既存基幹システムとの連携イメージ

カスタマイズ事例 2

第三者機関に提出する写真付報告書やお客様にお渡しする報告書など、用途に合わせた報告書テンプレートを追加することができます。 (長期優良住宅化リフォーム推進事業様式にも対応できます)

※ 写真一覧画面※ 報告書例

    (カスタマイズ)(カスタマイズ)

目視録の主な導入効果
  • 施工履歴を共有できる。
  • 施工写真の撮り忘れを防止できる。
  • 報告書作成も簡単にでき、業務改善できる。
  • 現場監督が現場に行く回数が激減し、他の現場に訪問することができる。
  • インターネットを介し、いつでもどこでも施工現場を把握できる。
  • 施工記録を残すことにより、クレームなどに瞬時に対応できる。
  • 管理者のアフターや点検時にも活用できる。

お客様の声

目視録は現場に関わる全ての情報を記録・共有し、活用することで業務を改善させるシステムです。

お客様の声

お客様の声 - 1

現場訪問回数が半減しました。

※ 現場での写真登録の様子

※ 現場監督の現場訪問回数例  目視録導入前後比較

今まで現場監督が15回現場に足を運んでましたが、職人が目視録へ写真登録をするようになってからは、 監督の現場訪問回数が8回に減りました。結果、ひとりの監督がより多くの現場を管理できるようになりました。


お客様の声 - 2

他の工程も把握でき、効率よく現場に入れるようになりました。

※ 現場での写真登録の様子

目視録に写真をアップすれば現場監督が施工状況をリアルタイムに確認できるので、 現場にいなくても指示を受けられるようになり、現場では時間のロスがなく次の工程に進めるようになりました。


お客様の声 - 3

施工写真の撮り忘れを防げるようになりました。

※ 現場での写真登録・施工状況確認の様子

※ 目視録で作成した施工報告書例

現場監督や職人がスマートフォンを活用し、現場から施工チェックポイントに従い施工報告ができるようになり、 施工履歴の整理と共有に成功しました。


お客様の声 - 4

施工に自信あるから現場公開できるのです。

※ オーナー様に公開する画面例:ログイン画面

※ オーナー様に公開する画面例:写真閲覧画面

施工プロセスを積極的にインターネットで公開することでオーナー様に安心感を与え、より深い信頼関係を構築できるようになりました。 また、オーナー様に公開することにより、必然的に施工品質も向上しました。

導入案内
・ラインナップ

豊富な導入実績をもとに、お客様に最適なシステムの構築、運用支援を行います。システムのカスタマイズも承っています。

目視録運用までのステップ

専門スタッフによる全面的バックアップ体制完備!

全国対応している目視録の専任営業が、数々の他者成功事例のなかからお客様に最適の 運用方法を導き出します。職人さんへの操作説明会などもお任せください。 また、目視録専用のサポート窓口も設けております。 専門スタッフがお客様を全面的にバックアップします。

目視録の詳しい説明・デモ、契約・料金体系の説明、
お客様業務への適合性検討など、専任営業が個別に
対応します。
まずは、電話やウェブページから当社にお問い合わせ
をお願いします。

お問い合わせページへ
目視録のラインナップ

目視録の機能別ラインナップ

お客様のさまざまなご要望に対応するために、目視録は標準機能のほかに、オプション機能を用意しています。 住宅履歴情報「住歴録」機能、目視録CD-Rアルバム作成、現場進捗一覧機能、文書管理機能など、 多数のオプション機能を取り揃えています。


目視録のサーバ形態別ラインナップ

お客様の目視録ご利用規模やカスタマイズのご要望に対応するために、複数のサーバ・データ記録容量をラインアップしました。 サーバは、ASPとホスティング・クラウドの、2つのラインアップがあります。

[ 1 ]  ASP:共用アプリケーションサービス

契約ディスク容量とクライアントユーザ数で料金が変わります。
視録の標準機能・オプション機能をご利用いただけます。
目視録のカスタマイズはできません。

[ 2 ]  ホスティング・クラウド:専用アプリケーションサービス

物理サーバのホスティング、あるいは仮想サーバのクラウド
専用環境を利用していただけます。
目視録のカスタマイズも対応可能です。
物理サーバのホスティングと仮想サーバのクラウド専用環境
では目視録のパフォーマンスが異なります。

対応機種一覧
(スマホ・携帯電話等)

当社は各社から発売される携帯電話やスマートフォンを評価し、目視録をご利用いただける携帯電話やスマートフォンをお知らせしています。
以下より、各キャリアの目視録対応機種一覧ファイルをダウンロードできます。
目視録対応機種一覧に掲載されていない機種は当社にお問い合わせください。

目視録ASPサービス(サーバ)の暗号化通信方式切り替えについて

 2016年12月27日、目視録ASPサービス(サーバ)に組み込んでいる暗号化通信(SSL)を、 より安全な方式(「SHA-1」⇒「SHA- 2」)に切り替えました。
 2016年12月27日以降、新しい方式に対応していない携帯電話の機種では、目視録ASP サービスをご利用いただけない状態になっております。携帯電話で目視録ASPサービスを ご利用いただいているお客様は、お客様の携帯電話が新しい方式に対応しているかどう か、ご確認をお願いいたします。
 ご理解、ご了承の上、ご協力くださいますよう、お願いいたします。

>   携帯電話の対応機種のご確認、詳細はこちらから